スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星座と神話と

アリス「あ、プルア。」
プルア「こんにちは!アリス。」
アン「あっ、アリスだ!」
アリス「あらアン、何見てんの?」
アン「プルアの本。勉強になるものも多いんだよ!」
アリス「へえ~…星が見えるようになるまで?」
アン「……;」
プルア「わたしも星の観測に来たので。」
ティア「あーっ!見える見える!!」
ジクノ「アン~、アリス~、綺麗だよ~…!」
エルフィーヌ「プルアさんもいかが?」
プルア「はい!たっくさん撮っちゃいましょう!」
ティア「ねえウィルチェウィルチェ、あれって星座?」
ウィルチェ「あれは…天使座っすね。」
ジクノ「あれは?星座かなあ~?」
ウィルチェ「あれは悪魔座っす。」
エルフィーヌ「その下にあるのは?」
ウィルチェ「巫女座っすね!」
ティア「あの星…あたしもっと近くで見てみたい!」
ウィルチェ「え?」
ティア「え?って…どうしたの?」
ウィルチェ「いや…これらの星座はもう無いっすよ。」
ティア「えーーっ!?」
アリス「あら、そなの?」
ウィルチェ「っす。ワシは純正魔女。しっかりお婆ちゃんから一通り、星のことは教えてもらったっすよ!」
ジクノ「う~ん…残念だなあ…」
エルフィーヌ「そうですね…」
アリス「…あれ、天使と悪魔と巫女だろ?それってつまr…」
プルア「さすが、詳しいんですね。ウィルチェさん。」
ウィルチェ「当然っす!」
アン「ウィルチェ、いつものきみが言える言葉じゃないよね?…あれ、アリスとプルアは?」

アリス「ちょ、ちょっと!いきなりグイッとやんなくても…」
プルア「ご存知ならば言っちゃいけません!」
アリス「ふぇっ?;」
プルア「あの話をしたら思い出す可能性があるのです。だから禁句です。」
アリス「そう…まあ、確かにそうか。」
プルアは物知りさんのつもりです。いつか明確な関連話を書きたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
今ここにいる人
現在の閲覧者数:
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。